「恋愛弱者」に内閣府から救いの手!?「壁ドン教育」で恋愛支援?

今話題の「壁ドン教育」騒動ですが

事の発端は

「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会」
(以降、研究会と表記)

にありました。

その研究会は内閣府ホームページに

活動記録が明記されており

昨年の5月18日から第1回の会議が始まり

なんと今回(4月7日)で11回目の開催となっています。

目次

「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会」とは?

人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第1回)で配布された資料より

趣旨に記載通り

日本の家族の形が(以前と比べ)大きく変化しているから

そこに問題があるのではないか?

という事について

「結婚」をキーワードに切り口が展開されております。

ただ、過去の資料を見ていくと

気になる資料がありました。

その資料がコチラ

参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第1回)配布資料より
参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第1回)配布資料より
参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第1回)配布資料より

作成された方には大変申し訳ないですが

流石にここまで

未婚の方の現実との乖離はないのでは?

と違和感を覚えました。

この後にご説明しますが

この違和感だけではありませんが

このような情報が今回の騒動を

暗に示唆していたのでは無いかと想像してしまいますね。

そして今回4月7日に行われた会議。

その資料を見てみましょう!

4月7日に開催した研究会の資料①

今回の資料を担当された小林 盾さん。

第11回 人生100年時代の結婚と家族に関する研究会の資料より
第11回 人生100年時代の結婚と家族に関する研究会の資料より

大学の教授であり大変素晴らしい経歴を持たれた先生です。

全資料を読みましたが小林先生のまとめによると

第11回 人生100年時代の結婚と家族に関する研究会の資料より
第11回 人生100年時代の結婚と家族に関する研究会の資料より

恋愛は「幸せのエンジン」!

がキーワードになりそうです。

また、資料に記載がありましたが

恋愛から結婚につながるのは

全体の87.3%

だそうです。

そのような観点に着目して

今回の「壁ドン教育」等につながったのでしょうか?

そして、先ほどお伝えした違和感ですが

3 婚姻状態と幸福率」の表で

現在既婚が不幸と示されている割合ですが

女性は14.8%

男性は16.6%

とのこと。

皆さん、日本の離婚率をご存じでしょうか?

3組に1組が離婚していおり

離婚率は約35%です!

それを踏まえると

既婚者が不幸だと思う方は

もっと多いのではないか?

と思います。

つづきます。

4月7日に開催した研究会の資料②

参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)配布資料より

少々語弊がありそうですが

男女とも恋人多いほど=恋愛経験人数です

そのまま読んでしまうと

二股三股…になっちゃいますので

ご注意ください。

経験豊かだと恋愛に対する

引き出しが多くなるので

うなずける点ではあります。

参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)配布資料より
参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)配布資料より

分析の結果

男性は草食化

女性は肉食化!

単純に経済力に対する価値観の変遷

とも見受けられます。

つづいてQ3

ハンサム・美人ほど恋愛?(経験している)

容姿レベルを0~10に分けてありますが

個人の好みが反映されていませんか?

それと評価して頂いた評価者の性別は均等だったのでしょうか?

そして、TVでも大きく取り上げられていたのが

参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)配布資料より

発言したのが

「キャバクラ嬢」なのか

「小林先生」なのかは不明ですが

恋愛の資格は

男性は80キロまで

女性は60キロまで

一体なにを基準に

この設定値になったのでしょうか?

疑問です。

ここを皮切りに

じわじわと佳境に向かいます。

4月7日に開催した研究会の資料③

先生の仰りたい理論は分かります。

恋愛格差が生じている点を改善したい!

そのアプローチが

恋愛支援!!

ということ。

参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)配布資料より

ここで登場しちゃうんですよね

壁ドンを教育

告白を教育

プロポーズの練習

恋愛ゼミ

みなさま、このような流れで

恋愛支援の内容が大きく注目をされてしまったのです。

「壁ドン教育」のまとめ

参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)配布資料より

今回はマスメディアの情報の切り取り方に

悪意を感じますが、兼ね小林先生は

資料のように課題を明確にされています。

本記事をお読み頂いたみなさまには

一部の切り取りだけでなく

公平な目線で判断して頂けたら幸いです

参考:人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)配布資料より

面白おかしく取り上げれば良いだけ!と言うのは

いい加減にメディア陣には卒業してもらいたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次