【時の商人】15年経っても錆びないコピーライトの魅力

時の商人ポスター
株式会社長野時計店ポスター

2007年のTVCM

現在、2022年。

あれから15年が過ぎても言葉に込められたメッセージは錆びない。

福岡県久留米市に今も営業されている長野時計店の最高のコピーライト。

『時の商人』

その商人は時を売っていた。
「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」
ある男は商人から1時間買った。
1時間買った男は、
それを読書の時間に使った。
ある女は1週間買った。
1週間買った女は、
それを海外旅行に使った。
「10年欲しいのだがね」
ある老人は商人に聞いた。
「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」
「かまわん。10年ぶんよこせ」
10年買った老人は、
それを病気の妻に譲った。

時に、ドラマを。
宝石 時計 長野

CW 松田正志(まつだまさし)

今も12月~2月に放映しているそうです。

TVCMはこちら

ほんの30秒の物語ですが、1度このCMを見てしまうと頭の中でめぐる時間は30秒では足りません。

そして伝わるメッセージには熱がありますね。

とても素敵なコピーライト。一番のお気に入りです。

CWの松田正志さんは過去に岩田屋の「ずっと昔にあげたものを、母はいまでも持っている。」など多数の作品があります。

あなたの生涯、大切にしたい言葉がここにありますように。

時の商人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする